応募方法
発表希望者:  発表申込み,論文投稿は,インターネットを利用した電子申込み・電子投稿方式です。ただし,当面は紙面による申込みや投稿も受け付けます。申込みと論文投稿の期限は異なりますので,申込みのみを先行して行うこともできます。
 第43回研究発表会でも,35才以下を対象に,優れた発表をされた口頭発表者を奨励,表彰する優秀論文発表者賞を設けております。若手の方々の積極的な参加を期待します。また、教育的配慮から、特別会員所属の非会員の学生についての口頭発表を認めます。(口頭発表の人数は特別会員が地盤工学会行事に会員会費で参加できる人数に準じます。特級:21人,1級:15人,2級:9人,3級:6人,4級:3人)
 なお,発表はパソコンを用いた液晶プロジェクタ方式となります。

 

発表者以外の参加希望者:
発表者以外で研究発表会への参加を希望される方は,事前申込み制度がございますので,論文募集要領「7,発表者以外の参加申込み」をご覧ください。また,非会員の方でも会社(事業所単位)が特別会員の場合で,研究発表会への参加を希望される方は会員価格での参加が可能です。論文募集要領「8,特別会員特典」をご覧ください。

 

講演集: 講演集はCD-ROM版講演集として発行し,発表者・参加者の全員に配布いたします。冊子版講演集は,あらかじめ受け付けた注文数に応じた部数のみ発行し頒布します。冊子版講演集をご希望の方は,論文募集要領「6,講演集」をご覧ください。

 

手続きの一覧:
手 続 き 期  限 手 段 参 照
発表申込み(電子・紙面) 2月10日(日) 17:00 インターネットまたは郵送 <論文募集要領> 3.a,b
発表申込み料の納入 申込み後1週間以内 郵便振替  
論文投稿(紙面投稿) 2月22日(金) 持参または郵送消印 <論文募集要領> 4.b
論文投稿(電子投稿) 2月24日(日) 17:00 インターネット <論文募集要領> 4.a
冊子版講演集の注文 4月30日(水) FaxまたはE-mail <論文募集要領> 6.
冊子版講演集代の納入 請求書到着後1週間以内 郵便振替  
発表者以外の参加申込み 5月31日(土) 原則としてインターネット <論文募集要領> 7.
参加料の納入 請求書到着後1週間以内 郵便振替  
発表会への参加 7月9〜11日  

 

発表申込み料: 発表希望者は,申込み・投稿種別(電子,紙面),会員種別(正会員,学生会員,特別会員)に応じて下表に示す発表申込み料を一括納入してください。発表申込み料は参加料を含みます。発表者には、6月中に参加票,CD-ROM版講演集をお送りします。
申込み種別 論文投稿種別 発表申込み料(1編あたり) 備考
正会員 学生会員 特別会員(学生)
電子申込み 電子投稿 12,000円 5,000円 5,000円 -
紙面投稿 14,000円 7,000円 7,000円 変換手数料を含む
紙面申込み 紙面投稿 15,000円 8,000円 8,000円 変換手数料を含む
*紙面申込みの場合,電子投稿はできません。


 論文募集要領

1. 論文内容
 地盤工学の発展に寄与する調査・研究・工事事例とし,原則として未発表のものに限ります。

2. 応募資格と(口頭)発表者
 応募論文の口頭発表者は,本会正会員,学生会員,および国際地盤工学会員(申込締切日までに入会手続きをした者)であることが必要です。 
 なお、教育的配慮より特別会員所属の非会員の学生に限り応募論文の口頭発表を認めます(口頭発表の人数は、特別会員の学会行事に会員会費で参加できる人数に準じます。特級:21人,1級:15人,2級:9人,3級:6人,4級:3人)
口頭発表は一人 1 編に限ります。また,採択された論文の口頭発表者は,必ず研究発表会に出席して発表してください。

3. 発表申込み
 電子申込みまたは紙面申込みと,発表申込み料の納入をもって発表申込みとします。同じ申込みを電子申込みと紙面申込みの両方で行うことは,絶対にやめてください。
a.電子申込み
 期限は平成20年2月10日(日)17時(厳守)です。申込み要領は,学会誌「土と基礎」12月号の会告に詳しく掲載してありますのでご覧ください。
b.紙面申込み
 期限は平成20年2月10日(日)の消印有効とします。紙面申込みをされた場合は論文投稿も紙面投稿に限ります。申込み要領は,「土と基礎」12月号の会告に詳しく掲載してありますのでご覧ください。
c.申込書記入事項
 
「土と基礎」12月号の会告をご確認下さい。
d.申込時の注意事項(電子申込み,紙面申込み共通)
 
申込み要領は,「土と基礎」12月号の会告に詳しく掲載してありますのでご覧ください。
e.発表申込み料の納入(電子申込み,紙面申込み共通)
 発表申込み料を,申込み後1週間以内(紙面申込みの場合は受付番号連絡後1週間以内)に納入してください。送金は郵便振替に限らせていただきます。郵便局備え付けの振替用紙(払込み料金は払込人負担)を使用してください。なお,送金後に発表申込みを取り消されても,発表申込み料は返却いたしません。

    口座番号:00150-7-296459
加入者名:社団法人地盤工学会調査基準課口
通信欄への記入必要事項
・ 発表者名(複数の場合は,全員の氏名および会員番号)
・ 申込みの受付番号

4.論文の投稿
 論文は「土と基礎」12月号会告の「原稿執筆要領」にしたがって執筆してください。
 日本語以外にも英語により論文を作成し,英語で口頭発表することができます。なお,内容が商業宣伝に偏したもの,原稿執筆要領に反するもの等,本研究発表会には不適当と認められる場合には採択されないことがあります。特に連絡がないものは採択されたとみなしてください。
 論文の投稿は電子投稿または紙面投稿です。紙面投稿の場合は,変換手数料として2,000円必要となります。また,紙面申込みの場合は電子投稿はできません。
a,電子投稿
 電子投稿の期限は,平成20年2月24日(日)17時(厳守)です。講演申込みページから,電子申込み時にお知らせした受付番号とパスワードを使って投稿してください。
 投稿された原稿は,電子投稿の締切日までは何回でも修正可能です。原稿のタイトルや連名者を電子申込み時のものから修正される場合は,電子申込みのデータも変更してください。これは講演集の目次や発表プログラムに電子申込みのデータを用いるためです。ただし,申込み時の内容によって発表者の重複のチェック及びセッションの分類を行いますので,発表者および分類番号の変更,及び論文内容の大幅な変更は認められません。
b,紙面投稿
 紙面原稿は、持参または郵送により受け付けます。期限は、持参の場合が平成20年2月22日(金)17時まで(厳守)と電子投稿より早くなっています。郵送の場合は当日の消印のあるものが有効です。郵送される際には,原稿を必ず厚紙などで保護し、書留郵便にてお送り下さい。紙面投稿に際しては,以下の点に注意してください。
・ 原稿の差し換えはできません。
・ 投稿された原稿は返却いたしません。
・ 紙面投稿された原稿は,そのままスキャナーで読み取ってPDFファイル化し,CD-ROM版講演集に収録します。冊子版講演集はPDFファイル化された原稿をモノクロプリンターでプリントしたものを版下にして印刷します。したがって,非常に細かな図表は再現されない場合がありますので,原稿作成にあたってはご注意ください。
・ 電子申込みをされた場合でも紙面投稿できますが,この場合もPDFファイルへの変換手数料として2,000円必要となります。
・ 投稿された原稿を申込みと間違いなく対応させるために,紙面申込みされた場合は,原稿の上部余白に申込み時にお知らせした受付番号を鉛筆で記入してください。電子申込みをされた場合は,申込み時に登録完了画面をプリントアウトしたもののコピーを同封してください。
・ 同じ論文を電子投稿と紙面投稿の両方で送ることは,絶対にやめてください。

5.プログラムの公開
 平成20年5月上旬までにホームページ上でプログラムを公開いたします。「土と基礎」には,6月号の会告に記載する予定です。

6.講演集
 採択された論文はすべてCD-ROM版講演集と冊子版講演集の両方に集録されます。CD-ROM版講演集は,発表申込者および参加申込み者全員に配布します。冊子版講演集も必要な方には有償で頒布いたしますので,購入を希望される方は「土と基礎」12月号会告の注文書に必要事項を記入の上,4月末日までに地盤工学会販売係にFax.(03-3946-8699) または E-mail (jigyo@jiban.or.jp)で注文してください。電話でのご注文は受け付けません。価格は注文数により変動しますが,1セット20,000〜25,000円程度になる見込みです。
 講演集に掲載された論文などの著作物の著作権は,著者に属し,編集著作権は地盤工学会が有するものとします。また著者は,講演集掲載などの著作物について,著作権の行使を地盤工学会に委任することとします。ただし,著者が自らこれを行使することは妨げません。

7.発表者以外の参加申込み
 発表者以外で研究発表会に参加を希望される方は, 5月末日までに,原則として参加申込みページより,所定の項目を入力して申し込んでください。なお,インターネットによる申し込みができない場合には,氏名,所属,連絡先住所,電話番号,会員種別,会員番号を書いて,地盤工学会調査・基準課にE-mail(jgs43@jiban.or.jp)またはFax.(03-3946-8678)で申し込んでください。Fax.で申し込まれる方は,12月号会告の参加申込書を使用してください。
 参加料はCD-ROM版講演集代を含みます。申し込まれた方には6月中に参加票,CD-ROM版講演集および参加料の請求書(郵便振替用紙同封)をお送りします。参加料は請求書到着後1週間以内に郵便振替で納入してください。なお,6月以降は参加申込みの事前受け付けを行いませんので,発表会当日に会場の受付で申し込んでください。

発表者以外の参加料(CD-ROM版講演集含む)
参加申込み日 会 員 非 会 員
正会員 学生会員 学 生 その他
5月末日まで 10 000円 2 000円 4 000円 15 000円
発表会当日 13 000円 5 000円 7 000円 18 000円

8.特別会員特典
 特別会員につきましては,その種別に応じた人数の範囲内で,非会員が会員価格で研究発表会に参加することができます。この特典は,事業所単位で受付けます。事前に学会事務局までご連絡ください。

9.ディスカッションセッション
 特定のテーマにしぼったミニシンポジウム形式のディスカッションセッションを開催いたします。集中的な討議が行えるよう配慮したセッションで、テーマは下記を予定しています。これらのセッションでの発表を希望される場合には,申込書の該当欄にセッション番号(例:DS-6)を記入してください。ただし,DS-1〜7は一般会員からの論文は募集しません。応募にあたっては,必ずしも希望どおりにならないこと,開催予定が変更になる可能性があることをご承知おきください。

DS-1 テーマ: 地震・洪水等による地盤災害を防ぐために−地盤工学会からの提言−(一般論文は募集しません)
座長:龍岡 文夫(東京理科大学)
DS-2

テーマ: JGS原位置岩盤試験データベースとその利用 (一般論文は募集しません)
座長:吉中 龍之進(埼玉大学)

DS-3 テーマ: 杭の水平載荷試験に関する新基準案 (一般論文は募集しません)
座長:中井 正一(千葉大学)
DS-4 テーマ: 地盤工学における男女共同参画の推進 (一般論文は募集しません)
座長:土田 孝(広島大学)
DS-5 テーマ:どうなる! 透水試験法の国際化−わが国に影響を及ぼす地盤関連ISOの審議状況と地盤工学会のISOへの貢献−(一般論文は募集しません)
座長:木幡 行宏(室蘭工業大学)
DS-6 テーマ:"「首都圏直下地震に対する地盤工学からの提言」以降の研究委員会活動の報告と今後の展望(一般論文は募集しません)
座長:岸田 隆夫(東亜建設工業)
DS-7 テーマ: 続21世紀を創る地盤工学特別セッション−地層処分における地盤工学−(一般論文は募集しません)
座長:中野 正樹(名古屋大学)
DS-8 テーマ: 廃棄物の地盤工学的利用と環境リスク
座長:小峯 秀雄(茨城大学)
DS-9 テーマ: 地盤力学における新しいシミュレーション技法―大変形、多相連成解析、マルチフィジックス解析― 
座長:岡 二三生(京都大学)
DS-10 テーマ: 降雨と地震の複合災害に対する斜面崩壊機構と安定性評価
座長:大塚 悟(長岡技術科学大学)
DS-11 テーマ: レーザースキャナによる斜面地形情報取得技術の高度化とその利活用
座長:八嶋 厚(岐阜大学)
DS-12 テーマ: コーン貫入試験
座長:三村 衛(京都大学)
DS-13 テーマ: 室内せん断試験結果の実務諸問題への適用
座長:澁谷 啓(神戸大学)
DS-14 テーマ: 都市地盤情報−情報公開で進む知的公共財産の共有化
座長:藤堂 博明(基礎地盤コンサルタンツ(株))
DS-15 テーマ: 交通地盤工学の発展に向けて
座長:吉田 信之(神戸大学)
DS-16 テーマ: 粒子特性の評価と工学的応用
座長:兵動 正幸(山口大学)


 
発表申込み・論文投稿に関するお問合わせ先
 (社)地盤工学会 一般事業課 研究発表会担当
 電話 03-3946-8673
 E-mail:jgs43@jiban.or.jp
 〒112-0011 東京都文京区千石4-38-2