地盤品質判定士とは


 地盤品質判定士協議会は,2011年春の東日本大震災をはじめ,これまでの地震によって発生した住宅や宅地の被害を教訓として,公益社団法人地盤工学会を代表に,一般社団法人日本建築学会・一般社団法人全国地質調査業協会連合会が発起人となり,多くの住宅や宅地の関係諸団体の参画により2013年2月に発足しました。本協議会では,建築学・土木工学分野や不動産・住宅関連産業等に従事する地盤技術者を対象に,地盤品質判定士の資格制度を創設しました。

地盤品質判定士協議会,地盤品質判定士および地盤品質判定士補の英語表記と略称


地盤品質判定士協議会:
(同略称:JAGE
 The Japanese Association for Geotechnical Evaluation
地盤品質判定士:
(同略称:PEGE
 Professional Engineer for Geotechnical Evaluation
地盤品質判定士補:
(同略称:As. PEGE
 Associate Professional Engineer for Geotechnical Evaluation

地盤品質判定士の業務


 この地盤品質判定士の資格制度の目的は,宅地の造成業者,不動産業者,住宅メーカー等と住宅及び宅地取得者の間に立ち,地盤の評価(品質判定)に関わる調査・試験の立案,調査結果に基づく適切な評価と対策工の提案等を行う能力を有する技術者を社会的に明示することにあります。


コンテンツ▼

受験者の方▼

地盤品質判定士協議会    総合