1月16日開催「場所打ちコンクリート杭の設計・施工における最近の話題講習会」

主催:公益社団法人 地盤工学会

 杭工事に係る問題の発生を受けて,杭基礎の施工管理の重要性がクローズアップされています。今後同じような問題を起こさないために,杭基礎の品質を高めることが必要であり,すべての建設関係者(発注者,地盤調査者,設計者,工事監理者,施工者)が,杭基礎の設計から施工に係る技術を共有することが求められています。
 今回の講習会は,最近の場所打ちコンクリート杭の設計・施工と品質管理に重点を置いて解説します。また,最新技術の情報も紹介します。多くの皆様方のご参加をお待ちしております。
G-CPDポイント:6.0
日時令和 2 年 1月16日(木) 10:00~17:30
会場:地盤工学会 大会議室(東京都文京区千石4-38-2,Tel 03-3946-8677)
会費:会員12,000円 非会員18,000円 学生会員3,000円 後援団体の会員16,000円(消費税,テキスト代込)
配布資料:講習会説明スライドのコピーを配布します。
参考図書:地盤工学会では「トラブルと対策シリーズ① 杭基礎のトラブルとその対策(第一回改訂版)平成26年11月」を刊行しており,各種の杭基礎について,地盤・試験から施工までに発生するトラブル,さらに供用中に発見されるトラブルをまとめております。学会のショッピングサイト等よりご購入いただけます(定価4,400円,会員価格3,960円,いずれも税別)。
定 員:70名(定員になり次第受付を終了いたします。)
内容・講師

時 間 内 容 講 師
10:00~10:15
(15min)
開会挨拶・講座の趣旨 桑原 文夫 【講座長・パイルフォーラム(株)】
10:15~11:00
(45min)
1.場所打ちコンクリート杭の最近の話題 桑原 文夫 【前出】
11:10~12:10
(60min)
2.場所打ちコンクリート杭の設計・施工に必要な地盤調査のポイント 青木 雅路 【株式会社竹中工務店】
13:10~14:10
(60min)
3.オールケーシング工法の設計・施工における最近の話題 西田 秀明 【国土技術政策総合研究所】
14:15~15:15
(60min)
4.アースドリル工法における安定液管理の現状と課題 宮本 和徹 【一般社団法人日本基礎建設協会】
15:25~16:25
(60min)
5.場所打ちコンクリート拡底杭の品質評価の現状と課題 藤井  衛 【東海大学】
16:30~17:30
(60min)
6.場所打ちコンクリート杭の支持力特性と設計基準における支持力 青木一二三 【株式会社レールウェイエンジニアリング】

講習会申込み方法および申込み先
氏名,勤務先・同住所・同電話番号・同FAX・同メールアドレス,会員(会員番号もしくは所属団体名)・非会員の別を明記した申込書をFAXまたはメールで送っていただくかホームページの申込フォームからお申込み下さい。参加申込受付後,請求書と郵便振替用紙をお送りいたしますので,会費のご納入は請求金額をご確認の上,郵便振替(または銀行送金)でお願いいたします。なお,銀行送金の場合には請求番号と送金日を別途FAXまたはメールでご連絡下さい。
地盤工学会講習会係 E-mail:kosyukai@jiban.or.jp
FAX:03-3946-8678  電話:03-3946-8671
<ショッピングカートサイト>https://www.jgs-shopping.net/products/detail.php?product_id=1000904596