2月14日開催「現場における地盤調査法の基本講習会」

空席あり
 地盤工学会では,地盤工学の現場の基本的な知識を身につけていただくことを目的とした実務者向けのジオテクノートシリーズを発刊しております。本書籍は,「地盤調査の方法と解説」や「地盤調査の手引き」などの図書を参考としながら現場調査を行う際のポイントをまとめたものです。特徴としては,土砂地盤や岩盤で調査方法を区別するのではなく,支持地盤としての評価,掘削時の問題,材料としての活用など実際の用途・目的に応じて整理・とりまとめが行われており,「地盤調査の勘どころ」を押さえるのに有効です。
本書籍は,平成26年に発刊されておりますが,これまで講習会は開催されませんでした。ただし,近年では幾度となく繰り返される大地震による被害とともに建設工事における地盤の問題もクローズアップされており,改めて地盤調査の重要性が認識されています。このような背景から本書籍の解説に加えて,新たな知見なども紹介すべく講習会を実施することとなりました。著者による解説でより分かり易い講習内容となっておりますので,多数のご参加をお待ちしております。
G-CPDポイント:5.0
日 時:平成 30 年 2月14日(水)10:00~16:20
会 場:地盤工学会 大会議室(東京都文京区千石4-38-2,Tel 03-3946-8677)
会 費:会員10,000円 非会員13,000円 学生会員1,000円 後援団体の会員12,000円(消費税込)
テキスト:テキストは,ジオテクノート16「現場における地盤調査法の基本~ジオ・エンジニア養成塾~」(平成26年1月発行)を使用します(テキストの価格:会員1,710円,定価(非会員)1,900円(税別))。テキストが必要な方は,学会のショッピングサイト(http://www.jgs-shopping.net/)より事前にご購入ください。ただし,その場合別途送料(600円(税別))がかかりますのでご承知おきください。当日,会場での販売はございませんので、ご了承ください。当日は説明資料の縮小版コピーを配布いたします。
定 員:70名
内容・講師:

時 間 内 容 講 師
10:00~10:50
(50min)
地盤の構成から読み取る情報 (第2章) 水道  健 【東電設計(株)】
11:00~12:00
(60min)
地盤の調べ方と設計への反映
 【支持地盤としての評価】(第3章:岩盤編)
 【地盤を掘削する場合の評価】(第4章:岩盤編)
佐渡 耕一郎 【(株)地圏総合コンサルタント】
13:00~14:20
(80min)
地盤の調べ方と設計への反映
 【支持地盤としての評価】(第3章:土質編)
 【地盤を掘削する場合の評価】(第4章:土質編)
今村 雅弘 【中央開発(株)】
14:30~15:20
(50min)
地盤の調べ方と設計への反映
 【材料として用いる場合の評価】(第5章)
山本 裕司 【基礎地盤コンサルタンツ(株)】
15:30~16:20
(50min)
地盤の問題解決のための技術と動向(第6章) 小川 浩司 【応用地質(株)】

講習会申込み方法および申込み先:
  氏名,勤務先・同住所・同電話番号,FAX,メールアドレス,会員(会員番号)・非会員の別を明記した申込書をFAXまたはメールでお送り下さい。参加受付後,請求書と郵便振替用紙をお送りいたしますので,会費のご納入は請求金額をご確認のうえ郵便振替(または銀行送金)でお願いいたします。なお,銀行送金の場合には,請求番号と送金日を別途FAXまたはメールでご連絡下さい。
地盤工学会講習会係 E-mail:kosyukai@jiban.or.jp
 FAX:03-3946-8678  電話:03-3946-8671
<講習会申込フォーム>https://www.jiban.or.jp/info/application_form_kousyukai.html