6月25日開催「地下水調査に用いる井戸理論と実務講習会」

空席あり
主 催:公益社団法人 地盤工学会
後 援:公益社団法人土木学会/一般社団法人日本建築学会/公益社団法人日本地下水学会/一般社団法人全国地質調査業協会連合会/一般社団法人日本応用地質学会/一般社団法人岩の力学連合会

 平成25年3月に全面改訂された「地盤調査の方法と解説」に関して,地下水調査での試験で活用する理論式の誘導の実態を取りまとめ,その背景条件をも正しく理解し,新たな井戸モデルの開発に貢献できる資料を作成することを目的として,平成29年7月に学会ホームページに「地下水調査に用いる井戸理論式の整理及び解説 (2017年度版)」が公開されました。また,地下水調査に関する2つの地盤工学会基準として,平成27年に「単孔を利用した地下水流向流速測定方法(JGS1318-2015)」,平成29年に「地下水面より上の地盤を対象とした透水試験方法(JGS1319-2017)」が新規制定されました。
 本講習会では,これらの資料,基準等の編集並びに原稿執筆を担当したワーキンググループの委員が講師を務めます。講習内容は,理論式を適用する際の注意点の他にも,結果の解釈や利用方法も含めた実務上の留意点を踏まえ,地下水調査に携わる技術者に今後広く役立てて頂けるような内容となっています。多数のご参加をお待ちしております。
G-CPDポイント:5.5
日 時平成 30 年6月25日(月 10:00~17:00
会 場:地盤工学会 大会議室(東京都文京区千石4-38-2,Tel 03-3946-8677)
会 費:会員12,000円 非会員15,000円 学生会員3,000円 後援団体の会員14,000円(消費税込,テキスト代別)
テキスト:当日,資料を配布いたします。また,配布資料以外に,2つの新規制定地盤工学会基準・同解説の小冊子を使用します(【JGS1318-2015】非会員価格:1,000円(税抜),会員特価:900円(税抜),【JGS1319-2017】価格未定)。

定 員:70名
内容・講師: 

時 間 内 容 講 師
10:00~10:20
    (20min)
概説
  資料全体の構成など
竹内 真司 【日本大学】
10:20~12:00
    (100min)
井戸理論式
  単孔式透水試験,揚水試験
進士 喜英 【日本原燃株式会社】
13:00~13:40
    (40min)
地下水面より上の透水特性の調査
  新規制定地盤工学会基準・同解説:地下水面より上の地盤を対象とした透水試験方法(JGS 1319-2017)
細谷 真一 【株式会社ダイヤコンサルタント】
13:40~14:20
    (40min)
地下水流動状況の調査
  新規制定地盤工学会基準・同解説:単孔を利用した地下水流向流速測定方法(JGS 1318-2015)
田岸 宏孝 【株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング】
 14:30~15:10
    (40min)
実務における井戸理論式の適用 清水 孝昭 【株式会社竹中工務店】
15:10~15:50
   (40min)
その他の井戸理論式 竹内 真司 【日本大学】
16:00~17:00
   (60min)
今後整備が必要とされる現場調査・試験方法
  全体質疑・応答
 進士 喜英 【日本原燃株式会社】

講習会申込み方法および申込み先
 氏名,勤務先・同住所・同電話番号,FAX,メールアドレス,会員(会員番号)・非会員の別を明記した申込書をFAXまたはメールで送っていただくかホームページの申込フォームからお申込みください。参加受付後,請求書と郵便振替用紙をお送りいたしますので,会費のご納入は請求金額をご確認のうえ郵便振替(または銀行送金)でお願いいたします。なお,銀行送金の場合には,請求番号と送金日を別途FAXまたはメールでご連絡ください。
地盤工学会講習会係 E-mail:kosyukai@jiban.or.jp
FAX:03-3946-8678  電話:03-3946-8671
<講習会申込フォーム>https://www.jiban.or.jp/info/application_form_kousyukai.html