11月27日開催 土砂災害に関する技術講習会

空席あり
主催:公益社団法人 地盤工学会

 近年、豪雨に伴って多大な被害をもたらす土砂災害が絶えず発生しており、地盤工学に携わる技術者には、土砂災害への理解と減災への取組みがこれまでにも増して強く求められています。本講習会は,近年の土砂災害の現状や特徴、発生のメカニズムについての基本概念を解説して講義します。さらに、実務への応用として、地形や地質条件による発生状況の違いや実際の被害事例、復旧対策の最新動向についても講義するなど、より充実した内容となっております。また、豪雨だけでなく地震による土砂災害の発生事例についても取り上げます。土砂災害の基本的事項や最新動向の知識を深めたい方、是非ご参加下さい。
G-CPDポイント:5.0
日時:平成 30 年11月27日(火) 10:00~16:20
会場:地盤工学会 大会議室(東京都文京区千石4-38-2,Tel 03-3946-8677)
会費:会員12,000円 非会員18,000円 学生会員3,000円 後援団体の会員16,000円(消費税,テキスト代込)
テキスト:テキストは、講師が使用するスライドのコピーのみで、当日配布します。
定員:70名
内容・講師:

時 間 内 容 講 師
10:00~11:00
 (60min)
土砂災害の現状と課題 笹原 克夫 【高知大学】
11:00~12:00
(60min)
土砂災害の発生メカニズム,地形・地質条件による発生状況の違い 小野田 敏 【アジア航測】
13:00~14:00
(60min)
土砂災害に対するソフト対策 野呂 智之 【国土技術政策総合研究所】
14:10~15:10
(60min)
土砂災害に対するハード対策:方向性と事例 柴崎 宣之 【日本工営】
15:20~16:20
(60min)
土砂災害の予知技術 笹原 克夫 【高知大学】

講習会申込み方法および申込み先:
氏名,勤務先・同住所・同電話番号・同FAX・同メールアドレス,会員(会員番号もしくは所属団体名)・非会員の別を明記した申込書をFAXまたはメールで送っていただくかホームページの申込フォームからお申込み下さい。参加申込受付後,請求書と郵便振替用紙をお送りいたしますので,会費のご納入は請求金額をご確認の上,郵便振替(または銀行送金)でお願いいたします。なお,銀行送金の場合には請求番号と送金日を別途FAXまたはメールでご連絡下さい。
地盤工学会講習会係 E-mail:kosyukai@jiban.or.jp
 FAX:03-3946-8678  電話:03-3946-8671
<ショッピングカートサイト>https://www.jgs-shopping.net/products/detail.php?product_id=1000904603