『社会資本維持管理における診断・点検と地盤品質判定士との関わり』についての意見募集

2014年7月31日(木)

既にご存知の方が多いことと思いますが,国土交通省の社会資本整備審議会・交通政策審議会技術分科会技術部会・社会資本メンテナンス戦略小委員会が,2014年7月17日に『社会資本の維持管理に関する資格制度のあり方について(案)』を公表(下記URL参照)し,7月30日までの期限で意見募集がありました。
http://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/s201_menntenannsu01.html

道路(橋梁・トンネル),河川(堤防・河道),砂防(砂防施設・地すべり防止施設・急傾斜地崩壊防止施設),海岸(海岸堤防等),下水道(管路施設),港湾(港湾施設),空港(空港施設),公園(公園施設)の8分野(11施設)を対象に点検・診断等を行う業務要件に民間資格を活用しようという計画です。

これに対して地盤品質判定士協議会は公益社団法人 地盤工学会との連名で,下記4項目を骨子として意見書を提出しましたのでご報告致します。

・社会資本の分野に宅地を加えるのが好適

・発注業務単位と連動した資格制度だけでなく,例えば「地盤工学」という学術・技術分野に関わる資格制度も有用

・常時の点検・診断・補修設計だけでなく,耐震(災)補強,更新さらに被災時の耐震(災)診断及び応急復旧または強化復旧も加えることが好適

・道路あるいは堤防等の多様な地盤構造物の維持管理業務について,有資格者の地盤工学の専門知識・技術が広く活用していただくことを期待

地盤品質判定士協議会では,この件『社会資本維持管理における診断・点検と地盤品質判定士との関わり』についての皆様のご意見・感想等をお待ちしています。

 

コンテンツ▼

正会員

  (公社)地盤工学会
  (一社)全国地質調査業協会連合会
  (一社)地盤保証検査協会
  (NPO)住宅地盤品質協会
賛助会員

  (公社)土木学会
  (一社)日本建築学会
  (一社)建設コンサルタンツ協会

地盤品質判定士協議会    総合