地盤工学会の活動分類とCPD単位

 

形態区分

活動内容

主な行事

学会が認証するCPD単位

備考

本部

支部

CPD単位

上限

T

講習会,研修会,講演会,シンポジウム等への参加

1

研究発表会,シンポジウム等への参加

国際会議
地盤工学研究発表会
シンポジウム(国際,国内)

シンポジウム
(国際,国内)
国際セミナー等

1H

 

 

2

講習会,講演会,研修会等への参加

講演会・講習会・見学会
公開講座・出張講座

セミナー
講習会・講演会、
現地検討会・研修会・見学会,勉強会等

1H

 

U

論文等の発表

3

論文の口頭発表 (法人格を持つ学協会での発表)

(T−1の本部行事),委員会報告

(T−1の支部行事)

10分未満:0.4M
10
分以上:2+0.2M 特に重要は5割増

 

4

論文の口頭発表(前記以外の発表)

現在、地盤工学会でポイント認定はしていません。

5

論文投稿(査読付き論文)

S&F
地盤工学ジャーナル

40/編、連名者・共著者は20/編

 

6

論文投稿(一般論文等)

上記以外の国際会議,シンポジウム(国際,国内),地盤工学研究発表会
地盤工学会誌(報文・論文)

国際シンポジウム,国際セミナー

3ページ以上
20
/編、連名者・共著者は10/編
2
ページ以下
10
/編、連名者・共著者は5/編

 

V

企業内研修

7

企業内研修・OJT

1H

 

W

技術指導

8

国際会議,研究発表会等の座長

(T−1の本部行事)

 

3H

10/回

 

9

講演会,講習会,研修会等の講師

(T−2の本部行事),国際会議における招待講演

(T−1の支部行事)

3/プログラム
(講演時間≦1.0時間)
5/プログラム
(講演時間>1.0時間)

 

10

企業内講習会講師

 

11

見学会の引率等

見学会

現地検討会・見学会

 

12

論文等の査読(学会の依頼状があるものに限る)

(U−5の本部行事)

20/編

10
/年
(土と基礎年間モニター)

 

X

産業界における業務経験

13

成果を上げた業務等(責任者)

現在、地盤工学会でポイント認定はしていません。

14

成果を上げた業務等(担当者)

現在、地盤工学会でポイント認定はしていません。

15

特許発明

現在、地盤工学会でポイント認定はしていません。

16

学会表彰等

学会賞事業等

支部表彰

地盤工学会賞 :各40
功労章:20
事業企画賞:20
地盤工学会誌年間最優秀賞:20
地盤工学会誌年間優秀賞:10
支部賞等:10
研究発表会優秀論文発表者賞:5

 

Y

その他

17

公的技術資格取得

現在、地盤工学会でポイント認定はしていません。

18

技術会議への出席(議長や委員長)

部会,各委員会・会議,役員として出席する各委員会・会議等

支部委員会・会議等

2H

40/年/委員会

 

19

技術会議への出席(委員幹事の場合)

部会各委員会・会議等

支部委員会・会議等

1H

20/年/委員会

 

20

研究機関での業務参加,国際協力等

国際標準化・ISO規格,国際協力・技術移転

適宜判断

20/年

 

21-1

災害調査(実施)

災害調査の実施

災害調査の実施

2H

40/年

調査団団長または支部長(本部においては部長)が継続教育システム委員会に申告し、委員会にてポイント付与の可否、ポイント数を決定します。

21-2

災害調査(事前準備)

災害調査の事前準備(資料作成等)

災害調査の事前準備(資料作成等)

適宜判断

(最大10

40/年

21-3

災害調査(調査結果の整理)

災害調査の結果整理

災害調査の結果整理

適宜判断

(最大5

21-4

災害調査(報告書の作成)

災害調査報告書の執筆

災害調査報告書の執筆

適宜判断

(最大10

22

技術図書・基準,会誌への依頼原稿,講演会資料等の執筆

学会刊行図書,委員会報告講習会・講演会等の資料土と基礎(講座,その他)企画・基準等の制定・改正・英訳

シンポジウムの資料講習会・講演会等の資料

3Hまたは1/原稿枚数

30/件

 

23

自己学習(Webラーニング,学会誌購読等)

刊行図書,地盤工学会誌、地盤工学会論文報告集(S&F

(同左)

現在、地盤工学会でポイント認定はしていません。

24

その他

現在、地盤工学会でポイント認定はしていません。

 

 

▲ページの先頭に戻る(x)

ボタンで別のページへ