国際地盤工学会第17回アジア地域会議 論文募集

主催:Kazafstan Geotechnical Society
開催期日:2023年8月14日(月)~18日(金)の5日間
会場:カザフスタン ヌルスルタン市
組織委員会ホームページ:https://17arc.org/
担当部署:地盤工学会国際部

 標記会議が2023年8月14日(月)~18日(金)、カザフスタンで開催されます。
 この会議へ提出する論文は、各国内でそれぞれ審査の上で組織委員会に提出することになっています。つきましては、下記の通り論文を募集いたしますので、お知らせします。日本国内で審査を行う関係上、組織委員会ホームページ(https://17arc.org/)の記載情報とは異なるスケジュールで進めますので(組織委員会と調整済み)、ご留意ください。特に、組織委員会ホームページではアブストラクト提出締切が2022年3月15日となっていますが、JGSからの投稿希望者は組織委員会ホームページにアブストラクト投稿されないようお願いいたします。
 標記会議の論文の第一著者が若手(2022年12月時点で36歳未満)の場合は、国際会議若手優秀論文賞の表彰対象となります。

審査方法と論文作成

 英語論文(最大4ページ)により国内での審査を行います。和文論文は受け付けませんので、ご注意ください。論文は、組織委員会ホームページ(https://17arc.org/abstracts-papers/)に掲載されているテンプレート(17ARC Full _Paper TEMPLATE)および執筆要領(Paper Submission Guideline)等に従ってご執筆ください。アブストラクトの提出は現段階では不要です。

 論文は、組織委員会で定められたテーマの内容に合致し、未発表のもので、独創的かつ地盤工学の理論と実践での進歩に寄与するものであることが要求されます。

トピックス
 Soil properties and ground characterization – SF01
 Engineering geology and rock mechanics – SF02
 Dam, levee, and embankment – SA03
 Slopes and debris flow – SA04
 Soil dynamics and geotechnical earthquake engineering – SFA05
 Underground space and deep excavation – SA06
 Tunneling – SA07
 Foundations – SA08
 Geosynthetics – SA09
 Ground improvement – SA10
 Geoenvironmental engineering – SA11
 Offshore geotechnics – SA12
 Forensic geotechnical engineering – SI13
 Geotechnical risk and reliability – SI14
 Energy geotechnics – SI15
 Geo-education – SI16
 Case history – SI17

応募資格

・著者は、連名の場合も含めすべて国際会員※1もしくは学生身分の会員※2、または国際地盤工学会会員に限ります。これは、我が国に割り当てられるページ数が、国際会員数に基づいているためです。
・特別会員で国際会員※1になられている場合は、所属の方1名(正会員・国際会員を問わない)が個人として応募できます。
※1:論文提出時に、2022年度分までの国際会員会費を納入済みであること、または、新しく国際会員となる申込みをして、2022年度会費を納入済みであることが条件となります。
※2:学生の方は、2022年度分までの会費を納入済みであること、また、論文提出時に学生証の写しの提出が条件となります。

応募編数は、第1著者として1人1編、連名の場合でも2編までとさせていただきます。
 例:論文1;著者A(第1著者)、B、Cの3名の連名、論文2;著者B(第1著者)、A、Dの3名の連名の場合、AとBはこれ以上の論文の応募はできません。

応募方法

(1) 応募票の送信、(2) 審査料(1編当たり1,500円)を納入のうえ、(3)提出物(原稿・審査料の振込明細書の控え・(学生証の写し))をメールで送付いただきましたらお申込みとみなします。

(1) 応募票の送信
応募票サイト(https://forms.gle/9BpAJHGCU87mPQeYA)にアクセスし、以下の情報をご入力いただき、送信してください。
入力情報…論文名、著者名(日英とも)、会員種別、会員番号、所属(日英とも)、連絡担当者の連絡先(郵便番号・住所・電話・FAX・E-mail)、論文内容が関連するトピックスを1~3つ程度選択。
トピックスは以下URLでもご確認頂けます。
https://17arc.org/topics/

(2) 審査料の納入、および審査料の振込明細書の写しの準備(pdfや画像ファイルなどにしたもの)
審査にかかわる事務経費等として、審査料1,500円を申し受けます。銀行振込、郵便振替の送金口座は下記のとおりです。振込明細書の写しを原稿と一緒に添付してください。なお、送金後に原稿提出を取り消されても、審査料は返金いたしませんのでご了承ください。

銀行振込の場合 みずほ銀行 駒込支店
普通預金 8081040
口座名義 公益社団法人地盤工学会
郵便振替の場合 00140-7-40786
加入者名 公益社団法人地盤工学会

(3)提出物をメールにて送付
論文、振込明細書の写し、学生証の写し(学生の場合)をPDFファイルにてメールでご提出ください。
提出する際の件名は、「国際地盤工学会第17回アジア地域会議論文投稿」とお書きください。

応募締切

締切: 2022年5月16日(月)午前9時(地盤工学会事務局必着)
必要なものの提出はメールでの提出とします(書面での受付はいたしません)。
審査日程の都合により、それ以降はいかなる理由でも受けつけられません。
※今回は英文論文での審査となるため、例年よりもゆとりをもった締切とさせていただいております。

審査結果
 提出された論文は、慎重・公平に審査・選考し、その結果を2022年6月中にお知らせする予定です。組織委員会ホームページ記載の締切情報とは異なりますので(組織委員会と調整済み)、ご留意ください。
 採択となった論文の著者のみ、大会の投稿サイトを通じて投稿して頂きます。原稿の投稿などは著者各自で行っていただきます。
 大会の投稿サイトや投稿スケジュールは、決まり次第追ってご連絡致します。

問い合わせ先

公益社団法人地盤工学会
国際部 「国際地盤工学会第17回アジア地域会議係」
E-mail: arc17-2023@jiban.or.jp
電話:03-3946-8671 FAX:03-3946-8678

◎採用された場合は、著者が会議に出席することを強く求められております。