WG1:TC182国内専門委員会

業務

本委員会における活動内容は,ISO/TC 182 Geotechnics(地盤工学)の国内ミラー委員会としての活動であり,具体的には下記の通りです。

  1. ISO/TC 182における規格案の審議,会議参加
  2. 日本提案のISO規格案の作成,審議,提案
  3. ISO/TC 182とCEN/TC 341(Geotechnical Investigation and Testing)との間でウィーン協定が適用されるCEN規格案の審議及び,会議参加
  4. ISO/TC 182への提案が予想されるCEN/TC 288(Execution of Special Geotechnical Works)によるCEN規格案の検討及び会議参加,特にCEN/TC 288/WG 10(Deep Soil Mixing)およびTC288/WG11(Deep Drainage)の地盤改良工法については,CENの標準化作業に日本が積極的に関与しており,日本からISO/TC 182に対してNWI(新業務項目)として提案し,これを扱うTC 182のSC(分科会)の事務局を日本が引き受けることを目指した活動を行う。
  5. ISO/TC 182への提案が予想されるCEN/TC 250/SC 7(Geotechnical Design)によるCEN規格案の情報収集,検討及び会議参加。
活動期間
ISO/TC 182の活動が終了するまでの間。

審議状況

委員(2018年度)

会 務 氏 名 所 属
委員長 木幡 行宏 室蘭工業大学大学院
委員 岩崎 好規 地域地盤環境研究所
委員 菊池 喜昭 東京理科大学
委員 北誥 昌樹 東京工業大学
委員 神田 政幸 公益財団法人 鉄道総合技術研究所 
委員 小松  満 岡山大学大学院
委員 進士 喜英 日本原燃株式会社
委員 鈴木  誠 千葉工業大学
委員 瀬戸 政宏 独立行政法人 産業技術総合研究所
委員 田中 洋行 元北海道大学
委員 谷  和夫 東京海洋大学
委員 豊田 浩史 長岡技術科学大学大学院
委員 原 隆史 富山大学理工学研究部
委員 細谷 真一 株式会社ダイヤコンサルタント
委員 松井 謙二 九建設計株式会社
委員 宮田 喜壽 防衛大学校
委員 山田 浩 日特建設株式会社
委員 吉嶺 充俊 首都大学東京
委員 西村 真二 株式会社 シーズエンジニアリング

TC 182 Geotechnics (地盤工学)について

※2018年6月21日更新 最新情報はISOのウェブサイトでご覧いただけます。

Scope

Standardization of geotechnical aspects in the field of building and civil engineering, including (related) properties of soil and rock.

Secretariat : BSI(イギリス)
Secretary: Mr Stephen Read
Chairperson (until end 2020):
Dr John Powell

Structure

ISO/TC 182/WG 1   Identification and classification of soil and rock
ISO/TC 182/WG 2  Monitoring in Geotechnical Engineering
ISO/TC 182/WG 3  Testing of ground anchors
ISO/TC 182/WG 4  Drilling and sampling methods and groundwater measurements
ISO/TC 182/WG 5  Geotechnical field vane test
ISO/TC 182/WG 6  Borehole dynamic probing
ISO/TC 182/WG 7  Cone and piezocone penetration tests
ISO/TC 182/WG 8  Borehole expansion tests

CENリード

ウィーン協定により、CEN/TC 341(Geotechnical Investigation and Testing)と平行して規格化作業が行われています.
CENリードの規格はCEN/TC 341で審議されています。CEN/TC 341での審議には日本からもISOのオブザーバとして参加しています。