9月25日(火)開催 国際講演会:ヒマラヤ地域の斜面災害の性質とリスク想定(Characteristics and Prospective risks of Mountain hazards in both Himalayan syntaxes)

主催:地盤工学会  時期:2018/9/25 開催地:東京 担当部署:国際部

下記の通り国際講演会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。


日 時 :平成 30年 9月 25日(火) 16 : 00 ~
会 場 : 地盤工学会 地下会議室
講 師 :杨 宗佶(Yang Zongji) 氏(中国科学院 成都山地災害与環境研究所 研究員)
参加費 : 無料
定 員 : 50名
言 語 :講演は英語にて行われる予定です。(This lecture will be delivered in English. )
内 容 :講演者の所属する研究所は斜面災害とその軽減を業務とし、2008年の四川大地震以来、多くの実際問題に取り組んで来ました。また近年は一帯一路の枠組みでアジアの東西を結ぶ道路や鉄道の建設にも関係し、パミール高原横断や成都とチベット・ラサ間の斜面崩壊、土石流の問題解決に従事しています。本講演では、パミールおよび四川省・東チベットの斜面リスクの評価と、それに基づく交通ルート選定を取り扱います。
Abstract :Himalayan syntaxes are located in one of the world’s most geologically and seismic active areas owing to the interplay of uplift and erosion. As a result, the transportations in China-Pakistan Economic Corridor (CPEC) and Sichuan-Tibet Traffic Corridor (STTC) are regarded as one of the most dangerous road sections in the world, and the design and construction of the future routes under “Belt & Road Initiative” faces major challenges of mountain hazards prevention and reduction. This presentation addresses characteristics of large-scale landslides and debris flows along Karakoram Highway (KKH) as well as north Pakistan and Sichuan-Tibet Railway (STR), China. Furthermore, the basic distribution and activities of mountain hazards are introduced, and prospective hazards and risk of mountain hazards along KKH and STR are analyzed. At last, similarities of mountain hazards characteristics between the eastern and western Himalayan syntaxes are preliminary discussed.
申し込み方法:
 以下の項目について記載した申込みメールを下記担当までお送り下さい。
  1.氏名,2.会員番号,3.所属,4.連絡先(住所,電話番号,メールアドレス)
※定員に達し次第受付を終了いたします.
問合せ・申込先:
 公益社団法人地盤工学会 国際部担当
 E-mail: kokusai@jiban.or.jp
 電話:03-3946-8671 FAX:03-3946-8678