男女共同参画・ダイバーシティに関する委員会

1.主旨

地盤工学会では,企画部において男女共同参画推進に関わる活動を2004年頃から本格的に開始した。6年間にわたる様々な活動・検討の末、2010年度、本委員会が発足した。ダイバーシティとは,“多様な人材の個性を価値として活かし,それぞれが実力を発揮できる文化や環境の構築”と定義され,近年先進的企業では経営戦略の一環として取組みが進んでいる。組織内のダイバーシティ推進が経営的に何故有利であるか,その論拠や事例は過去のダイバーシティ特別セッションなどでもたびたび紹介されている。学会のように様々な立場の人が集う場は,多様な人材の宝庫であり,仕事上の枠を超えた人と人のつながりが醸成される機会も多く,ダイバーシティ推進が学会の価値を高めると言っても過言ではないと考える。
検討内容
(1)ダイバーシティに関する意識の浸透・定着
真のダイバーシティ推進は,組織内の多くの人がその目的と意義を理解し自分の問題として捉えていただかない限り実現は遠い。ホームページや地盤工学会誌など様々な媒体を通じて委員会活動および関連事項を広報する他,研究発表会特別セッションなど関連イベントを継続的に企画する。
また,ダイバーシティへの動機付けの一つの方策として,ダイバーシティ推進へ積極的な団体・組織の顕彰制度設立を検討する。
(2)会員を対象とした具合的支援
様々な立場の方を対象とした座談会を企画し,会員のニーズを把握する。ベテラン会員から若手会員への円滑な世代交代は学会の重要課題のひとつである。

2.活動案内

ダイバーシティ委員は下記のような活動を行っています。
(1)技術者・研究者紹介 New!
様々な会員(男女・職種・国籍)のワークやライフについての情報を提供しています。
(2)「地盤工学会 ダイバーシティ座談会(ワールドカフェ)」の開催
今後、地盤工学会を背負う研究者・技術者の意見交換の場を提供しています。
(3)「女子中高生夏の学校」への出展
夏休み期間に女子中高生を対象に地盤工学の紹介をしています。
(4)地盤工学研究発表会「特別セッション」の開催
地盤工学研究発表会の特別セッションにおいて「地域に根ざした」ダイバーシティの情報公開・共有に努めています。
(5)地盤工学研究発表会「サロン・土・カフェw」の開催
2016年6月8日に地盤工学会総会において、第49回地盤工学研究発表会の「サロン・土・カフェW」が事業企画賞をいただきました。
地盤工学研究発表会にて会員同士の交流の場を提供しています。
(6)地盤工学研究発表会「託児所」の設置
地盤工学研究発表会にて託児所を設置しています。女性・男性問わず利用可能です。利用に関しては、遠慮なく学会までお問い合わせください。
(7)その他の活動・行事

委員会サポーターの募集
 地盤工学会では、ダイバーシティ推進を積極的に図っており、活動状況をその都度伝え、必要に応じてご意見をいただき、各種イベント等で協力して下さる方をサポーターとして募集します。堅苦しく考えずに、まずは関心をもっていただくことから私達の活動の輪が広がり実効性を持つものと信じています。ダイバーシティ実現へ向けて、サポーターへの登録をお待ちしております。
ご応募にあたっては、ご氏名、会員番号、住所、勤務先、E-mailアドレス、専門分野等および委員会活動へのコメントをE-mailなどでご提出ください。
★★★ 問い合わせ・申込先:公益社団法人 地盤工学会 ダイバーシティ委員会
jgs-diversity@jiban.or.jp
電話 03-3946-8671 Fax. 03-3946-8678

3.名簿

会務 氏名 勤務先 所属先
理事・委員長 浅田 素之 清水建設(株) 技術研究所
理事 藤井 登 奥山ボーリング(株) 技術本部
理事 小林 俊一 金沢大学  
委 員 北田 奈緒子 (一財)地域地盤環境研究所 研究開発部門
委 員 熊野 直子 愛媛大学大学院 農学研究科
委 員 片岡 沙都紀 神戸大学 大学院工学研究科
委 員 鍬田 泰子 神戸大学 大学院工学研究科
委 員 亀村 勝美 (公財)深田地質研究所 顧問
委 員 佐藤 芙美 千代⽥化⼯建設(株)
委 員 澤田 茉伊 京都大学 大学院工学研究科
委 員 清木 隆文 宇都宮大学 大学院工学研究科 地球環境デザイン学専攻
委 員 中本 詩瑶 ヴィーナ・エナジー
委 員 平永 佐知子 ジェイアール東海コンサルタンツ(株) ⼟⽊事業部 ⼟⽊設計第三部 
委 員 藤澤 久子 日本工営(株)中央研究所 総合技術開発部 地盤・材料グループ
委 員 藤原 斉郁 大成建設(株)技術センター 社会基盤技術研究部 地盤研究室 土質チーム
オブザーバ 山口 恵美 関東学院大学 理工学部 土木学系 土木・都市防災コース
オブザーバ 高原 利幸 金沢工業大学 工学部 環境土木工学科
オブザーバ 尾川 七瀬 (株)技研製作所 IPA推進部

4.最新の活動報告

(1)技術者・研究者紹介
 地盤学会誌2015年7月号に技術者・研究者の紹介を目的としたダイバーシティの特集が組まれました。その反響を機に継続的に様々な技術者・研究者の紹介を実施しております。どの寄稿も必見です!
 ①地盤学会誌2015年7月号ダイバーシティの特集
  10名の地盤工学会員が,ご自分のワークライフバランスや,ダイバーシティへの取組みについて語っています。
 →詳細はこちら
 ②技術者・研究者紹介web版 New!
  2017年1月から,web版がスタートしました。仕事と家庭のバランスに悩んでいる方から,海外から日本にきて留学・就職して戸惑っている方まで,みんなが笑顔になるヒントがいっぱいです。

No. 題名 執筆者 掲載月
11 コロナ禍を逆手に取ったダイバーシティーの拡大 飛田 哲男 New!  2020年12月
10 コロナ禍でのテレワークにより変化した私のワークライフバランス 小林 真貴子 New! 2020年11月
9 家族と一緒に考えるワークライフバランス~育児休職と在宅勤務を経験して~ 酒本 真先 New! 2020年10月
8
海外留学を通じて感じたダイバーシティ 藤川 拓朗 2019年5月
7
私が考えるダイバーシティ 藤島 雅也
2019年3月
6 「働くということ」とこれからの社会 北田 奈緒子 2018年6月
5 家族と考えるワーク・ライフ・バランス 濁川 直寛 2018年2月
4 私の日常と小さな取り組み 澤田 茉伊 2017年11月
3 私にとっての日本~今までとこれから~ ハザリカ へマンタ 2017年6月
2 ダイバーシティの必要性を考える 松井 秀岳 2017年5月
1 私とダイバーシティ 中村 ひとみ 2017年1月

(2)「地盤工学会 ダイバーシティ座談会(ワールドカフェ)」の開催
 男女共同参画・ダイバーシティ委員会では、 2019 年 1 月 29 日にダイバーシティ座談会を行いました。今回は「子育てと仕事の両立」について意見交換しました。座談会で何かを解決すると言うよりは、日頃の悩みや苦労などを思う存分に話していただく会として、仕事をしながら育児に奮闘する方々の生の声が聞けました。中には衝撃的な事実もいくつか話されました。詳細はこちらの記事をご覧ください 。
最新の記事
過去の活動記録

(3)「女子中高生夏の学校」への出展
 2016年8月7日、埼玉県比企郡で開催された「女子中高生夏の学校」にポスターブースを出展しました。本事業は女子中高生の科学分野に興味・関心のある女子中高生の保護者・教員を対象とし、進路選択の一助となるべく実施されております。液状化実験装置とエッキーを用いて、液状化の実験をし、さらに今年はこれに加えて泥団子の展示や解説も加え,これらを通して地盤工学の意義や魅力を伝えるとともに、インタビュー形式のPOP を用い大学の専攻科から研究内容や現在の仕事、職場など地盤工学に携わる女性たちの紹介などを行いました。
過去の活動記録

(4)地盤工学研究発表会「特別セッション」の開催
 今年度で15回目の開催となった。大会初日である716日(火)の午後1の時間帯(13:2014:50)に開催され、50名以上の方々にご参加いただいた。男女比は21で男性が多く、年齢層は20代から70代まで幅広い層の方々がいらっしゃった。また、一般公開セッションということもあり、会員以外の方の参加もあった。
 今年度は地盤工学会の創立70周年を記念し、地盤工学会ダイバーシティ委員会の創設に携わられておられた日下部治先生(地盤工学会第31代会長)にご講演いただき、日下部先生がこれまで感じてきた男女共同参画・ダイバーシティ活動の昨今と将来についてお話いただいた。
 次に特別セッションの新たな試みとしてフロアディスカッションを行い、参加者の方々と一体となったディスカッションを展開した。セッションでは、「誰もが働きやすい職場とは」をテーマに、育児や介護などの問題に各社が現状どのように対応しているのかを事前にアンケートをとり、委員会にてまとめて報告した上で、参加者の皆さんと意見交換の場を設けた。参加された多くの方々からの意見は、今回のアンケート集計の内容は、企業側にとっても、個人にとっても大切な情報が多くあり、ぜひとも学会から会員・特別会員企業に向けて情報発信を行ってほしいとのことであった。
過去の活動記録

(5)地盤工学研究発表会「サロン・土・カフェW」の開催
 2019年7月16日,第54回地盤工学研究発表会「サロン・土・カフェW」in埼玉を開催しました。本行事は11回目を迎え,研究発表会での恒例行事になっております。当行事は会員全体のわずか3%を占める女性会員の交流を深める目的で発足されましたが,近年では老若男女問わず,ダイバーシティに関心のある皆さんにお集まりいただき,お菓子とお茶と一緒に,それぞれのお仕事・その他生活について和気藹々と情報交換していただく場となっております。今回は4月より施行された働き方改革関連法に関連付けて,それぞれの職場における取組の現状についてお話していただきました。その中で,積極的に取り組んでいる民間企業に対し,業務量の管理が難しい大学では適用しにくいという点が浮き彫りになり,働き方改革の実現には,長期的かつ継続的な取り組みが必要であることが再確認されました。今後とも情報共有に努めて参ります。ご協力いただいた皆様には感謝申し上げます。
 2016年6月8日に地盤工学会総会において、第49回地盤工学研究発表会の「サロン・土・カフェW」が事業企画賞を受賞いたしました!「サロン・土・カフェW」が会員間をつなぐ有意義なイベントとして評価していただいた結果ですが、本企画を立ち上げ、これまで継続していただいた歴代の委員の皆様と、参加していただいた方々、研究発表会実行委員会、学会事務局の協力のおかげです。ありがとうございました。今後とも頑張ります。
詳細はこちら
過去の活動記録

(6)地盤工学研究発表会「託児所」の設置
→過去の活動記録

(7)その他の活動
①「地盤工学会におけるメンター制度導入ついての検討」報告書
 当委員会では,【学会の魅力向上のために有効な学会活動は何か?】について,継続して検討を行っております。今回,国内の企業・大学等や海外の学会で取り組まれている「メンター制度」に注目しました。
 本報告書は,地盤工学会へのメンター制度導入の可能性を,地盤工学会の現状分析や会員のニーズをアンケートした結果を踏まえて検討したものです。本制度は,成長を望むメンティが,経験を積んだメンターからの助言を受けて成長するものであり,学会内では若手会員とベテラン会員,女性・海外出身者などをつなぐ機会となることが期待されます。今後,まずは,イベント時に相談コーナーを設置したり,メンター制度の試行を行い,地盤工学会の魅力向上につながる活動となるかを引き続き検討していきたいと思います。報告書はこちら (PDFファイル,1MB)

② 第15回アジア地域会議 ホームカミングセッション
 2015年11月9日~13日に福岡で開催された第15回アジア地域会議において、日本に留学経験がある若手参加者の交流を目的に11月10日のセッション終了後にホームカミングイベント(HC)を開催しました。
詳細はこちら
過去の活動記録
Topにもどる

5.委員会関連資料

・土木学会 ダイバーシティ委員会
http://committees.jsce.or.jp/diversity/

・「チャレンジ・キャンペーン~女子高校生・女子学生の理系分野への選択~」に共催団体として登録されました
http://www.gender.go.jp/c-challenge/index.html

・内閣府男女共同参画府が、男女共同参画の視点からの防災・復興の取組指針を公表しました(2013.5.31) http://www.gender.go.jp/policy/saigai/shishin/index.html

・土木学会 教育企画・人材育成委員会 ダイバーシティ推進小委員会が、全国大会において、Lunch Cafe D. D. (D.D.: 土木ダイバーシティ)を開催しました。
http://committees.jsce.or.jp/education03/lunchcafedd2012
・第47回(2012年)地盤工学研究発表会が開催されました →詳細はこちらからご覧ください。

・建設通信新聞HPに、土木技術者女性の会主催どぼく未来フォーラムの報告記事が掲載されました
「どぼじょ(土木系女子)!?」土木学会の土木技術者女性の会が未来フォーラム, Kensetsunews ACE Blog, 建設通信新聞, 2012.06.26.

・土木学会誌4月号に、土木技術者女性の会会長、地盤工学会会長、土木学会会長の座談会の記事が掲載されました
★土木学会ダイバーシティ推進小委員会 座談会 土木分野の男女共同参画への取組み, 土木学会の動きからピックアップ, 土木学会誌, Vol.97, No.4, pp.126-129, 2012.04.

・男女共同参画に関する取り組みに対して、当委員会の工藤さん、杉本さんが学会 事業企画賞(第13回・H22年度)を受賞しました!
★地盤工学会事業企画賞(第13回・H22年度)受賞者

・内閣府男女共同参画局 男女共同参画会議 基本問題・影響調査専門調査会が、「女性の活躍促進による経済活性化」行動計画等の課題に係る議論の取りまとめ~行政、雇用、補助金、公共調達分野のポジティブ・アクションの推進に向けた検討~平成24年12月を公表しました。
公共工事の調達において建設業法に基づく「経営事項審査項目」に、男女共同参画等の項目を入れることは法令上は可能という結論が出されています。
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/kihon_eikyou/jyosei_koudou.html

・頑張れ、「どぼじょ」 復興に女性技術者が活躍(2011/8/8 共同通信)
http://www.47news.jp/feature/woman/womaneye/2011/08/post_20110808155928.html

・リレーおぴにおん「いまこそ理系②」(2011/5/4朝日新聞(朝刊))にて当委員会山口部員が紹介されています!

・日本学術会議がH23/4/5に東日本大震災に対応する第六次緊急提言
「救済・支援・復興に男女共同参画の視点を」 を公表しています。大変重要な提言です。ぜひご覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/info/jishin/pdf/t-110415.pdf

Topにもどる