技能試験実施委員会

業務

「技能試験」は,試験所の試験技能を比較・評価するための制度です。技能試験実施委員会は,広く学会構成員およびその所属機関の試験技能の確認と評価を継続的に行う「技能試験」を実施するために設立されました。委員会では,技能試験の計画,準備およびデータの評価を行うと共に,技能試験についての検討・広報に関する業務を行っています。

技能試験実施委員会(2018年度)

2018/05/11 更新

会務 氏名 所属先
委員長 日置 和昭 大阪工業大学 工学部 都市デザイン工学科
委員 稲積 真哉 芝浦工業大学 工学部 土木工学科
委員 澤 孝平 協同組合 関西地盤環境研究センター
委員 中澤 博志 国立研究開発法人 防災科学技術研究所
委員 中山 義久 協同組合 関西地盤環境研究センター
委員 沼倉 桂一 川崎地質 株式会社
委員 藤原 照幸 一般財団法人 地域地盤環境研究所
委員 山内 昇 北海道土質試験協同組合
委員 若杉 護 基礎地盤コンサルタンツ株式会社
委員 渡邉 健治 東京大学大学院 工学系研究科
オブザーバー 城野 克広 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
オブザーバー 中川 直 一般社団法人 全国地質調査業協会連合会
オブザーバー 服部 健太 協同組合 関西地盤環境研究センター
オブザーバー 保坂 守男 公益財団法人 日本適合性認定協会 認定センター

 

活動実績

技能試験実施委員会は2013年度から活動しているの新設委員会です。設立までの経緯については,関西地盤環境センターが初めて土質試験で試験所認定を受けるにあたり,2006年に一斉試験を実施しました。これを契機に2007年より,関西地盤環境センターと日本適合性認定協会が共催で技能試験を実施しました。その後,地盤工学会における委員会が立ち上がり, 2012年度技能試験準備委員会の試行を経て,今に至っています。技能試験の実施実績は以下に示すとおりです。

実施年 実施試験項目 試料 参加機関数 実施主体
1  2006 土粒子の密度試験 豊浦砂
藤森粘土
 31 関西地盤環境研究センター
土の含水比試験
土の粒度試験、土の液性限界・塑性限界試験
2  2007 土の湿潤密度試験 改良土
改良土2
 29 日本適合性認定協会
関西地盤環境研究センター
土の一軸圧縮試験
3  2008 突固めによる土の締固め試験 まさ土
粘性土
 23 日本適合性認定協会
関西地盤環境研究センター
土のCBR試験
4  2009 土粒子の密度試験 粘土1
粘土2
 26 日本適合性認定協会
関西地盤環境研究センター
土の含水比試験
土の粒度試験
土の液性限界・塑性限界試験
5  2010 土の含水比試験 粘土1
粘土2
 18 JGS地盤材料試験結果の精度分析と表記方法についての研究委員会
土粒子の密度試験
6  2011 土粒子の密度試験 荒木田粘土
藤森粘土
 45 JGS地盤材料試験結果の精度分析と表記方法についての研究委員会
土の含水比試験
土の粒度試験
土の液性限界・塑性限界試験
7  2012 土の湿潤密度試験 改良土
改良土2
 51 JGS技能試験準備委員会
土の一軸圧縮試験
8  2013 土粒子の密度試験 5号硅砂
7号硅砂
 55 JGS技能試験実施委員会
土の粒度試験
砂の最小密度・最大密度試験
9  2014 土粒子の密度試験 荒木田粘土
藤森粘土
 66 JGS技能試験実施委員会
土の含水比試験
土の粒度試験
土の液性限界・塑性限界試験
10  2015 土の湿潤密度試験 改良土  55 JGS技能試験実施委員会
土の一軸圧縮試験
11  2016 土粒子の密度試験  

   51

JGS技能試験実施委員会
土の粒度試験
突固めによる土の締固め試験

 

2018年度の活動計画

下記ページをご参照ください。
 【2018年度 技能試験募集

2018年度以降の活動計画

技能試験実施委員会では,地盤工学会の継続事業として,技能試験を毎年実施する予定です。来年度以降については,以下の予定しています。

年度 試験項目
2018 締固め試験、透水試験等(検討中)

委員会議事録

2014年度
会議名 開催日 開催時刻 会場 詳細
第1回委員会 2014年7月16日(水) 14:00~17:00 北九州国際会議場 PDF
第2回委員会 2015年2月2日(月) 13:00~17:00 JGS会館 PDF

 

2013年度
会議名 開催日 開催時刻 会場 詳細
第1回委員会 2013年4月11日(木) 15:00~17:10 JGS会館 PDF
第2回委員会 2013年7月23日(火) 15:10~17:10 富山県民会館 PDF
第3回委員会 2014年3月7日(金) 11:00~12:00 JGS会館 PDF