地盤工学会 会長特別委員会最終報告会

 地盤工学会では平成30年西日本豪雨による地盤災害に対して会長特別委員会を設置し、土木学会と連携して「斜面」・「堤防」・「ため池」の3つのWGにおいて、地盤工学に関する課題の抽出や将来にむけた提言をまとめました。今回はその成果についての最終報告をいたします。奮ってご参加下さい。

  「平成30年西日本豪雨を踏まえた地盤工学の課題と提言」

主 催:(公社)地盤工学会
共 催:(公社)土木学会(予定)

期 日: 2019531日(金)13001630(開場 12:00 ~ )
会 場: 日本大学理工学部 駿河台キャンパス1号館6F CSTホール(東京都千代田区神田駿河台1-8-14アクセス
定 員: 200名程度
参加費: 無料
申 込:   お申込みフォームはこちら

【プログラム】

13:0013:10

開会挨拶 大谷 順 地盤工学会会長

13:10-14:20

特別講演:昨今の災害をもたらす豪雨と地球温暖化 京都大学防災研究所 教授 中北英一氏

(休憩10分)

 

 

 

 

14:3016:25

地盤工学の課題と提言

座長 木村 亮 地盤工学会副会長

14:30-14:35 挨拶・セッションの進め方

14:3515:55  地盤工学の課題と提言(20分×4

         斜面災害の課題と提言 鈴木素之 斜面WGリーダー

         河川堤防の課題と提言 前田健一 堤防WGリーダー

         ため池の課題と提言  毛利栄征 ため池WGリーダー

         地盤工学会提言達成度を高めるための課題とその方策 中野正樹 提言WGリーダー

15:55-16:15  ディスカッション

16:15-16:25  まとめ

16:25-16:30

閉会挨拶

大谷 順 地盤工学会会長