令和元年台風19号および10月末豪雨災害に関する中間報告会 

 この度の台風19号にお亡くなりになられた方々に衷心よりお悔やみを申し上げます。また、被災被害を受けられた皆様に謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

  令和元年台風19号および10月末豪雨災害に関する中間報告会~地盤・土砂災害を中心とした調査報告・被災分析~

 

共 催:(公社)地盤工学会(公社)土木学会
期 日: 20191218日(水)13301700
会 場: 日本大学 駿河台キャンパス タワー・スコラ3階301号室(〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-11-2)
定 員: 200名程度
参加費: 無料
申 込:   お申込みフォームはこちら  ※定員になり次第終了

13:3013:35

開会挨拶 大谷 順 (地盤工学会会長・熊本大学)

13:35-14:05

調査報告:地盤工学会東北支部調査団 風間 基樹(団長,東北大学)
14:05-14:22 調査報告:地盤工学会関東支部調査団 榎本 忠夫(茨城大学)
14:22-14:28 渡邉 健治(東京大学)
14:28-14:45 後藤 聡(山梨大学)

14:4515:15

調査報告:地盤工学会千曲川流域調査団 大塚 悟(団長,長岡技術科学大学)

15:15-15:30

休憩

15:30-16:10

斜面災害の被災分析

吉川 修一(八千代エンジニヤリング)

稲垣 秀輝(環境地質)

16:10-16:50

堤防災害の被災分析 前田 健一(土木学会堤防小委員会委員長,名古屋工業大学)

16:50-17:00

総括・閉会挨拶 岡村 未対(地盤工学会調査団団長・地盤工学会副会長・愛媛大学)